https://bc-life.net

宿泊施設紹介

LKメトロ直近 マッサージ屋にあるゲストハウス Nemo's Guesthouse and Massage

2019-05-11

サワディーカップ。今回はLKメトロ直近の安宿であり、ゲストハウスでありながら個室のプライベート空間をしっかりと確保できる宿の紹介です。ゲストハウスと言えば1階にカフェやバーが併設してることが多いのですが、このゲストハウスは少し変わっていて1階がマッサージになっているのです。

Nemo's Gesthouse and Massage

位置と概要


セカンドロード・ソイ12(通称ソイダイアナ)に面した場所にあり、LKメトロまでは徒歩1分の立地なので夜遊びメインの立地と言えなくもないです。

電話番号:+66 92 670 1143

住所33/46 Moo 10 Soi Diana Inn, Muang Pattaya, Amphoe Bang Lamung, CB 10150 タイ

エレベーターはありませんので階段だけになります。

部屋の紹介

内観

宿泊したのはスタンダードルームで1番安い部屋です。

ベッドはクイーンベッドで柔らかめのマットレスでフカフカでした。

小ぶりなセキュリティーボックスがあるのは多少でも安心できます。部屋の広さから大きなクローゼットはありませんが、最低限の衣料を収納できるクローゼットは完備しています。

ベッドの反対側には冷蔵庫とテレビと作業机がありますね。

安宿のゲストハウスという事で長期滞在者向けに冷蔵庫が大きいのは助かります。

Wi-Fiに関しては私が宿泊した部屋が2階という事もあり主に良好でしたが、時間帯によっては物凄い速度の低下が見られました。上の階に行くと更に電波の状態は悪いかも知れません。

トイレ兼シャワールームです。狭いのでシャワーを浴びるとトイレもビシャビシャに濡れるのでトイレットペーパーは中に置いておくことは出来ません。必要な時に持ち込む形になります。シャワーに関してはホットシャワーも水圧も問題ないレベルです。若干バスルームの水はけが悪かったですね。

窓からの風景

建物の裏手なので壁しかありません。LKメトロポールホテルの入り口が見えます。

別にバルコニー付きの部屋がありますが、そちらを予約すればソイダイアナに面した部屋になります。

指定がない場合は裏手の部屋になるので、もちろんバルコニーはありません。灰皿は室内に置いてあったので喫煙は可能なのでしょうが、安宿に宿泊するレベルの人はランドリーサービスを利用するよりも自分で洗濯する人が多いかも知れません、自分で洗濯する場合はバルコニー付きの部屋を推奨します。

私は苦肉の策でバスルーム内のタオルを引っ掛ける所とドアノブを使って洗濯紐を張って濡れた衣類を乾燥させていました。

この宿の特徴

とにかく店主がフレンドリーです。チェックインの時に「Welcome My friend」と行って出迎えて頂けますし、出会ったら必ず話しかけてきます。

マッサージ屋の上が宿泊施設と言う事で靴は1階の入り口で脱ぐ事になります。大事な靴はビニール袋に入れて部屋に持ち込む方が無難でしょう。そして1階で靴を脱いで宿泊施設に入るので建物は年数の割には十分に綺麗です。

2階は向かい側の部屋がタイマッサージ施術室

2階の8号室の向かいはマッサージ屋らしくタイマッサージの施術室です。こう言う風景も独特で新鮮でした。

入室する為にマッサージ屋を抜ける

ここに最初は違和感を感じますが、入り口はマッサージ屋なのです。なので呼び込みをしているマッサージ嬢達が宿泊者として顔を覚えるまで声をかけられますが、彼女たちは数度出入りすれば顔を覚えるので声をかけなくなります。

深夜(約0時後)は誰もいなくなるので電子キーで表から勝手に入りますが、靴台は店内に入れられています。

誰もいないのでIDチェックもJFを求められる事もありませんでした。

普段マッサージ嬢が呼び込みをしている場所で寛ぐなんて事も出来てしまいます。

マッサージは割引されます

ブアカオには100バーツのマッサージが数店ありますが、ここはフットマッサージ1時間150バーツなのですが、宿泊者特典として25バーツ割引されました。数日過ごしていると顔を完全に覚えられるので仲良くなればサービスが向上します。

日中に暑い中を汗ダラダラで帰ってきて、部屋でシャワーを浴びてから外に出ずにマッサージを受けれるのは大きな利点と言えますね。さっぱりしたままマッサージを受けるとそのまま昼寝してしまいます。

この宿泊施設の価格をチェックする!

まとめと感想

寝る事がメインなら十分の設備です。LKメトロの騒音を危惧しましたが、大音量のバービアから流れてくる重低音が少し響いただけで完全に静かとは言えませんが、個人的には気にならなかったです。ルームクリーニングもほぼ毎日行ってくれていましたし、私の中でゲストハウスとホテルの区切りが良くわからなくなってしまった感じもあります。

マッサージ屋なので朝食はありませんが、近くにコンビニや屋台、レストランは沢山ありますので何も問題がありませんし、朝から出かけるのが嫌ならば大きい冷蔵庫があるので前日に買っておけば問題ないでしょう。

レンタルバイクを表に停めていても何も注意される事もありませんでしたし、マッサージ屋を通り抜けるという事と階段しかない事を考えれば、少し古い宿泊施設と言うだけですね。

ゲストハウスなのでアメニティーは石鹸程度ですし、バスタオルだけでフェイスタオルもありませんでした。

宿泊費を抑えて少し変わった宿泊施設に泊まってみたい人にピッタリだと思います。

ですがバルコニー付きの部屋を予約することをオススメします。

記事を読み終えて参考になりましたらイイねの評価をお願いします。

  • この記事を書いた人
ぼーちょう

ぼーちょう

自営業末っ子として頑張りすぎて30歳前に大うつ病を発症後に長い自分探しを始めました。自分探しの一環で行ったタイへの一人旅で大感銘を受けて人生の視野が広がる。基本的に動物が好きで今は保護猫兄弟の里親をしています。

-宿泊施設紹介
-, ,

© 2020 BoCho-LIFE